ロンパースは何が違う

新生児服の中でも、ロンパースとカバーオールは主流のひとつです。ですがこのふたつはとても良く似ており、実際しっかりとした定義があるわけではなく、メーカーによっても定義の仕方が違うため、よく混乱する方がいます。ここでは、ロンパースとカバーオールは何が違うのかということを説明します。

ロンパースまず一般にロンパースとは足は覆われておらず、股下はスナップタイプで、肌着として使用可能なものが多いです。ロンパースは上下がつながっており、主に肌着として使用されます。真夏など、気温が高いときにはロンパース一枚だけで過ごさせることもできますが、外出するときには他人に見えないよう、上に他の服を着せるのが普通です。また、足をズボンのように覆っているものは少なく、ほとんどの場合は露出しています。

これに対して、カバーオールは一般にズボンタイプが多く、股下はスナップタイプで、外出着としても着せられる、という特徴を持っています。この中でロンパースと異なるのは、ズボンタイプが多いという点と、外にもそのまま出かけられるという点です。このためよりアウター的な使い方ができますが、ズボンタイプという点は脱ぎ着させるときにはマイナスにはたらくこともあります。