新生児服の種類

大切な赤ちゃんの新生児服を適切に選ぶためには、とにかく知識が必要です。様々な新生児服を知っていればこそ、自分の赤ちゃんに最も適した新生児服がわかるというものです。

その中でもウェアには、主にツーウェイオール、ベビードレス、カバーオール、ロンパースなど、いくつかの種類があります。そしてもちろん、ひとつひとつに利点と欠点があります。そのため、新生児服のそれぞれにどんな特徴があり、何が得意で、何が苦手なのか、何ができて、なにができないのかなどを把握することが重要なのです。

ロンパース例えばカバーオールとロンバースには、赤ちゃんの体型に合わせて作られているので、赤ちゃんにとって動きややすくなっており、またヒラヒラしている部分がすくないため抱き上げたりしやすいという利点を持っています。ですが反面脱ぎ着させづらく、おむつ交換などに少々手間がかかるという欠点もあわせ持っています。そしてベビードレスはワンピースのような形状をしているため、カバーオールとロンバースが苦手としているおむつ交換を手早く行いやすいという利点があります。そしてツーウェイオールには、スナップの留め方を使い分けることで、ベビードレスにもカバーオールにも変化させられるようになっています。スナップ多数という特徴から、他の新生児服に比べて長く使えるという利点もあります。

このように新生児服にはそれぞれの利点と欠点があります。当サイトでは、その中でもロンバースについて詳しく解説します。

関連サイト
└ https://www.nishiki-ch.co.jp/chuckle/products/item/index.php?cat_l=9
ロンパースのベビー服・新生児服の通販を行っているChuckle BABYです。