ロンパースの便利さ

ロンパースは主流な新生児服の一つですが、どのような利点が有って、主流となっているのでしょうか?主流となるからには、それなりの利点、特徴が存在するはずです。このページでは、ロンバースの特徴について解説します。

特徴まずロンパースの特徴は、おもに足が覆われていないこと、股下がスナップタイプであること、肌着として使用されることの3つです。このうち、足が覆われていないという点には、床にあるもので赤ちゃんが怪我をしてしまう可能性は高まりますが、開放されているため蒸れにくく、涼しいので、特に暑い日には赤ちゃんが快適に過ごせるという利点があります。また、股下がスナップで留められているため、オムツの交換などをしやすくなっています。赤ちゃんはどうしても頻繁にお漏らしをするものです。いちいち服全部を脱がせる必要がないというのは、子育てをする側にとっても、赤ちゃんにとっても楽で便利です。ただし、基本的に肌着のように使うため、外出するときは基本的に上着を着せる必要があります。他の快適な洋服を着せてあげると良いです。もしそのまま出かけたら、少し驚かれる方がいるかもしれません。

ロンパースの特徴を理解して、赤ちゃんも着せる側も快適な日々を送れるようにしましょう。


ロンパースは何が違う

新生児服の中でも、ロンパースとカバーオールは主流のひとつです。ですがこのふたつはとても良く似ており、実際しっかりとした定義があるわけではなく、メーカーによっても定義の仕方が違うため、よく混乱する方がいます。ここでは、ロンパースとカバーオールは何が違うのかということを説明します。

ロンパースまず一般にロンパースとは足は覆われておらず、股下はスナップタイプで、肌着として使用可能なものが多いです。ロンパースは上下がつながっており、主に肌着として使用されます。真夏など、気温が高いときにはロンパース一枚だけで過ごさせることもできますが、外出するときには他人に見えないよう、上に他の服を着せるのが普通です。また、足をズボンのように覆っているものは少なく、ほとんどの場合は露出しています。

これに対して、カバーオールは一般にズボンタイプが多く、股下はスナップタイプで、外出着としても着せられる、という特徴を持っています。この中でロンパースと異なるのは、ズボンタイプが多いという点と、外にもそのまま出かけられるという点です。このためよりアウター的な使い方ができますが、ズボンタイプという点は脱ぎ着させるときにはマイナスにはたらくこともあります。


新生児服の種類

大切な赤ちゃんの新生児服を適切に選ぶためには、とにかく知識が必要です。様々な新生児服を知っていればこそ、自分の赤ちゃんに最も適した新生児服がわかるというものです。

その中でもウェアには、主にツーウェイオール、ベビードレス、カバーオール、ロンパースなど、いくつかの種類があります。そしてもちろん、ひとつひとつに利点と欠点があります。そのため、新生児服のそれぞれにどんな特徴があり、何が得意で、何が苦手なのか、何ができて、なにができないのかなどを把握することが重要なのです。

ロンパース例えばカバーオールとロンバースには、赤ちゃんの体型に合わせて作られているので、赤ちゃんにとって動きややすくなっており、またヒラヒラしている部分がすくないため抱き上げたりしやすいという利点を持っています。ですが反面脱ぎ着させづらく、おむつ交換などに少々手間がかかるという欠点もあわせ持っています。そしてベビードレスはワンピースのような形状をしているため、カバーオールとロンバースが苦手としているおむつ交換を手早く行いやすいという利点があります。そしてツーウェイオールには、スナップの留め方を使い分けることで、ベビードレスにもカバーオールにも変化させられるようになっています。スナップ多数という特徴から、他の新生児服に比べて長く使えるという利点もあります。

このように新生児服にはそれぞれの利点と欠点があります。当サイトでは、その中でもロンバースについて詳しく解説します。

関連サイト
└ https://www.nishiki-ch.co.jp/chuckle/products/item/index.php?cat_l=9
ロンパースのベビー服・新生児服の通販を行っているChuckle BABYです。